群馬の遺言書作成や相続に関するご相談は、鈴木コンサルタント事務所にご相談ください

相続の承認と放棄

相続の最初から最後まで。ご相談承ります

相続人には相続を受ける権利と放棄する権利があります

被相続人の総財産には、相続することでプラスになる財産(不動産や預貯金等)だけでなくマイナスになる財産(負債や借金等)も含まれます。そこで民法では相続人に、その財産を受け継ぐかどうかの選択をすることができることとしています

3ヶ月の熟慮期間内に、相続を受けるか放棄するかを決めなければなりません。
 
相続財産の受け継ぎ方としては次のものがあります。

相続,遺言,相談,遺産分割,円満,群馬,高崎,行政書士

  1. 単純承認
  2. 限定承認
  3. 相続放棄
 

相続の選択ができる期間を「熟慮期間」といい、その期間は3ヶ月です。相続財産の状況等を調査するための期間として設けられており、この期間内に相続の決定をしなければなりません。

 

この期間を経過すると限定承認や相続放棄の選択権は失われ、単純承認したものとみなされます

いったん承認や放棄がなされると、熟慮期間中でも撤回はできません。
 

単純承認とは

「単純承認」とは被相続人の権利義務を無限に承継するものであり、マイナスの財産もすべて引き継ぎます

 

単純承認となる場合は熟慮期間を経過した場合の他、単純承認の意思表示をした場合や相続人が全部または一部の財産を処分してしまった場合も「法定単純承認事由」となります

熟慮期間を過ぎたり財産を処分してしまうと、単純承認したとみなされます。
 

限定承認とは

「限定承認」とは、たとえマイナスの財産があった場合でも、相続財産の限度内で債務を弁済する義務にとどまるという相続の方法です

 

承認の仕方は財産目録を作成し、それを家庭裁判所に提出して認められる必要があります

 

限定承認の請求は共同相続人全員でしなければならず、ひとりでも単純承認をしてしまったり財産を処分してしまった場合はすることができません。相続放棄の者がいる場合は、残りの共同相続人で限定承認をすることができます。相続人全員の合意が必要なため、現実的には相続放棄と比べても申請数は少ないものとなります。

限定承認は、必ず相続人全員で行わなくてはなりません。

相続放棄とは

「相続放棄」とは、相続人が相続の効果を全面的に拒否するものであり、放棄した場合は相続開始当初から、相続人でなかったものとみなされます

相続放棄は家庭裁判所への請求によって行います。相続放棄は相続開始後でなければすることはできず、前もって放棄することはできません。

 

相続放棄は登記なくして何人にもその効力を対抗できますが、代襲や再代襲は認められません

相続放棄とは、相続人が相続の効果を全面的に拒否するものです。マイナスの財産も受けません
 

急な相続、遺言書のない相続、初めての相続

段取りや書類作成のご相談承ります

 

相続放棄の留意点

相続放棄をした場合は、マイナスの財産も含めて他の相続人に権利が移ります。
 

相続放棄がなされた場合でも、負債などのマイナス財産が消滅することはありません。残りの相続人に債権が移動します。代襲もなされるため、相続人全員が相続放棄するまで、請求はなされることになります。

相続放棄をする場合には、他の相続人と打ち合わせた上で手続きを行うことをおすすめします。
 

抵当権について

 

①財産調査から「財産目録」作成

②相続人調査から「相続関係説明図」作成

③遺産分割協議案のご提案から「遺産分割協議書」作成

当事務所におまかせください。

ストレスのない、スムーズで円満な相続をお約束いたします。

代表者の方と打ち合わせながら取り進めてまいります。

お忙しい中でのご負担を減らしましょう。

ホームページの内容はあくまでも一般的な内容になります。さらに詳しいことを知りたい方は、お気軽にご連絡ください。

■事務所地図はここから

 

■お問合わせフォームはここから

メールで回答させていただきます

 

行政書士鈴木コンサルタント事務所

☎027-377-6089

★スマホからはこちらをクリック

 

初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。

土日祝日ご予約承ります。

お悩みは早めに解決された方がよろしいです。ご依頼は初回相談の後に検討されれば結構です。こちらから催促することはございません。

このページの先頭に戻る

page top