群馬の相続・遺言・農地転用はおまかせ下さい!

頼って安心。相続に関するお悩み事、解決します。

相続の悩みを解決したい

■思いもかけない急な相続。遺言書があるかわからない。

■どうやって相続を進めたらよいのかわからない。

■どのような手続きでどのような書類が必要なのか。

■相続人がだれなのかよくわからない。

■財産もどれだけあるのかわからない。

■不動産はどうやって分けたらよいのか。

■相続人が多くて話がなかなかまとまらない。

■なんとか知恵はないものか。

 

専門家の助けを借りたい

 

★円満な相続へのヒントはこちらをクリック★

 

任せて安心。一番よい遺言書の選択。お手伝いします。

■遺言書について考えることはありますか。遺言書は実はとっても大切なものなのです。

■遺言書のない相続は、遺される方々にとって非常にご負担のかかるものです。

■遺言される方にとっては悔いを遺さないために必要なものです。

■なぜなのかはこのホームページをご覧いただければわかります。

 

思い立ったが吉日。一番よい遺言書を作りませんか

 

★一番良い遺言書へのヒントはこちらをクリック★

 

初回相談は無料です。お気軽にご相談下さい。

営業時間 :月~金8:00-20:00 土曜日8:00-17:00

 

日曜祝日ご予約承ります。ご相談は事前ご連絡の上。

ご相談はお電話またはFAX、メールで承ります。下記のお問い合わせフォームでも24時間受付中です。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォームへのご返答は、メールにて回答させていただきます。

℡027-377-6089

当事務所にご依頼いただくメリット
  1. 相続・遺言は行政書士の得意とする分野です。豊富な経験と専門知識で、ご相談者様の状況に最も良い相続・遺言書をお届けします。
  2. 相続のトラブル防止を大前提に関係各所親身になったご提案をさせて頂きます。
  3. 相続には期限があります。スケジュールに沿った早期安心の解決をお届けします。
  4. 士業のネットワークを駆使し、登記や納税の際もスムーズな連携をお約束します。
  5. 遺言書は内容が最重要です。侮るなかれ専門家のアドバイスは必要不可欠です。
行政書士の仕事と当事務所のお約束

行政書士の仕事は皆様にはなじみの薄い分野が多いですが、平たく言えば、役所への許認可を代理して行う仕事と、文書などを起案作成する仕事が主な業務になります。具体的に言うと、

  1. お客様の依頼を受けて役所へ提出の書類を取得し、申請書類を作成し、お客様に代理して許認可申請を行います。
  2. 遺言書や公正証書の文案等を起案作成し、公証役場で公正証書を作成してもらいます。

書類の作成や文書の作成などは、

  1. 法律や申請方法を勉強し
  2. 数々の書類を取得し
  3. 慎重に書類を作成し
  4. 平日に役所と交渉をし
  5. 平日に役所に申請をする

このようなことができれば、お客様がご自身で書類を作成したり申請をすることができます。

 

しかし単に形式を満たせば申請を行うことができる許認可だけではなく、申請書類の内容自体が可否を左右するものであったり、遺言書や相続書類、あるいは契約書などのように、書かれている内容によって質や効果が大きく異なってくるものもあります。

 

私ども行政書士は蓄えた知識や培った経験から、お客様の事案にもっとも適切な内容を吟味し、最適な形でアウトプットしていきます

 

行政書士が報酬をいただいて業務を行うということは、お客様にとって大変な手間や貴重なお時間をお買い上げいただくということになります。

 

当事務所は知識と経験やネットワーク力を発揮し、打合せから業務終了まで、お客様のご期待に最大限お応えできることをお約束いたします

 
行政書士と他士業
  1. 弁護士はオールマイティです。訴訟の懸念がある相続は弁護士の独壇場です。その分報酬は高めです。訴訟の可能性の低い相続は概して得意分野ではありません。
  2. 相続税の発生する相続は税理士が得意です。しかし相続税の発生する相続は全体の1割に満たない件数です。税理士の得意分野は税務です。
  3. 司法書士は登記の専門家です。不動産登記は司法書士にお任せします。不動産のある相続は司法書士とタッグを組みます。


相続業務・遺産分割協議のご相談

相続に正解はありません。少しでも円満な相続、スムーズな相続、負担の少ない相続を目指しましょう。

 

急な相続、遺言書のない相続、初めての相続

段取りや書類作成のご相談承ります

 

故人様の遺言書はありますか。遺言書がない場合は相続人全員による遺産分割協議が必要になります。また遺産分割協議では相続人全員の合意が必要となります。

 

だれもが円満な相続を望んでいますし、せっかく故人様が残してくれた財産で争いたくはありません。ではどのような知識をもって、どのように行えばよいのでしょうか。

 

相続は相続人の皆様にとって心身ともにご負担がかかるものです。特に中心となって手続きを行われる、代表者の方にとってはなおさらです。

 

しかしいやでも避けては通れませんし、限られた期間内に手続きを行う必要があります。

 

トラブルに至る前に、スムーズな解決のお役に立つことをお約束いたします

 

ボタンをクリック

 

 

こちらからも直接各記事へ入れます。

 




 

①財産調査から「財産目録」作成

②相続人調査から「相続関係説明図」作成

③遺産分割協議案のご提案から「遺産分割協議書」作成

当事務所におまかせ下さい。

ストレスのない、スムーズで円満な相続をお約束いたします。

代表者の方と打ち合わせながら取り進めてまいります。

お忙しい中でのご負担を減らしましょう。

相続・遺言に関する改正民法が成立しました。自筆証書遺言の財産目録作成については既に改正法が施行されました。自筆遺言の保管制度や配偶者の居住権制度は2020年7月10日までに施行され、そのほかの改正については2019年7月1日に施行されます。本ホームページを確認された後、下記リンクで改正点を確認されることをおすすめします
 

ここをクリック!■相続・遺言に関する民法の見直し

次の内容にひとつでも思い当たる方は、遺言書を残さないと相続がもめる原因になります。遺言書作成は家族を思われるあなたの義務です。

遺言書がいかに大切なものであったのか。身にしみて感じるのは、遺された方々になります

ひとつでも思い当たることがある方は要注意。
  1. 財産の大部分が不動産(土地、建物)である
  2. 配偶者をこのまま自宅に住まわせてあげたい
  3. 事業を継がれる方に財産を多く残したい
  4. 配偶者はいるが子供がいない
  5. 相続人が兄弟のみ
  6. 相続人が多い
  7. 相続人がいない
  8. 事実婚の相手がいる
  9. 家族以外に知られていない認知した子供がいる
  10. 再婚した配偶者に認知していない子がいる
  11. 相続人が行方不明であったり海外にいる
  12. 相続人どうしが疎遠であったり不仲である
  13. 特定の家族に財産を多く残したい
  14. 相続人以外の者に財産を譲りたい
  15. 生前に援助した子供に額の差がある
  16. 介護してもらっている特定の親族に多く残したい
  17. 財産を残したくない相続人がいる
  18. 自分の死後に気がかりなことがある

遺言のない相続は遺された方に非常に多くのご負担がかかります。当事務所にて遺言書作成のご相談をお受けいたします

 

遺言書作成のご相談

日本では遺言書は文化的に根付いてはいませんが、それでも毎年10万通を超える公正証書遺言が残されています。
 
 

遺言書についてお悩みのご相談者様。遺言書のことを考えようと思ったきっかけは何でしょうか。

相続,遺言,,相談,円満,群馬,高崎,行政書士

 

遺言書を書くべきか迷われてらっしゃるご相談者様。お悩みのもとはなんですか。

 

遺言書作成は決して忌むべきことではありません。

遺されるご家族に安心を贈るものであり、ご自身の心のつかえを取るものでもあります。

 

もしお悩みがございましたら、おひとりで悩まずにわたしとその思いをカタチにしてみませんか。

 

相続する方される方。遺言書の作成は思い立った時が吉日です

 

具体的により良いステップを、一緒に考えてみませんか

 

ボタンをクリック

 

 

こちらからも直接各記事へ入れます。

 



 

 

■平成27年度遺言作成件数(全国)

●死亡者数   1,291,000人

●公正証書遺言 111,000件

●自筆証書遺言  11,000件

*自筆証書遺言の件数は家庭裁判所の検認数であって作成された実数は不明です。

*それでも公正証書遺言は年間これだけ作成されています。

 

農地転用

農地転用許可書を確実に手に入れましょう。

 

まずその農地はどこにあるか確認しましょう。場所によっては届出だけですむ場合もありますし、許可がおりない場所もあります。

相続,遺言,,相談,円満,群馬,高崎,行政書士

 

農地転用の目的を確認しましょう。使用用途の変更か土地の権利の移転かによって申請が異なります。

 

申請に必要な書類を確認しましょう。農業委員会に判断してもらうための書類は内容が肝心です。

 

許可がむつかしい場所であっても、あきらめることはありません。本当に農地転用が必要であるのなら、それに向かっての書類を作っていきましょう。

 

農地転用は書類が非常に煩雑です。役所との交渉から申請まで、安心して当事務所にお任せ下さい

 

ボタンをクリック

 

 

こちらからも直接各記事へ入れます。

 


 

■平成30年(4月~9月)度の高崎市農地転用申請状況(5条許可申請)

●行政書士申請  177件

●本人申請     22件

●その他申請    33件

*その他は不動産業者、太陽光業者等

*5条申請の76%は行政書士にご依頼いただいています 

農地転用のご用命は当事務所におまかせ下さい。

役所との交渉から書類取り付け、申請までを代行いたします。

まず農地の場所と、具体的な用途をご連絡下さい。

ホームページの内容はあくまでも一般的な内容になります。さらに詳しいことを知りたい方は、お気軽にご連絡下さい。

■事務所地図はここから

 

■お問合わせフォームはここから

メールで回答させていただきます

 

行政書士鈴木コンサルタント事務所

℡027-377-6089

★スマホからはこちらをクリック

 

初回相談は無料です。お気軽にご相談下さい。

土日祝日ご予約承ります。

お悩みは早めに解決された方がよろしいです。ご依頼は初回相談の後に検討されれば結構です。こちらから催促することはございません。

このページの先頭に戻る

page top